###COOKIEFRAME###
###COOKIEBUTTON###
###COOKIEINFO###
laserXtens Arrayの内部

laserXtens Array

様々な標点間距離に対応するため可動式スライド上に2つのカメラを搭載したスタンダードなlaserXtensと違い、laserXtens Arrayは4つの高精細なカメラが測定部に使用されています。

2チャンネルのレーザーアレイ型伸び計

laserXtens Arrayのアドバンテージ

  • laserXtens Arrayは分解能0.15 μmで非常に幅広い測定レンジが特徴です
  • laserXtens Arrayは可動部を持たないため、メンテナンスフリーです。
  • laserXtens ArrayはISO 9513のクラス1級 (ASTM E83ではクラスB2)に対応しています。老朽
  • 標点間距離の変更も一瞬で
  • 横歪みの測定もマーキングせずに行えます:加えて2軸測定も可能
  • オプションとしてレーザーアレイ型とビデオ伸び計とのハイブリッドにも対応もう一台のカメラが幅変位の測定を行い、例として ISO 10113 や ISO 10275に対応したr値の決定などが可能となります

laserXtens

laserXtensシステム

laserXtensシステムを使用した伸び計は実に様々な材料の変位に対して非接触計測を行います。測定部はデジタルカメラとレーザー光源から構成されています。試験片はレーザー光に照らされ、表面にスペックルパターンが生成されます。試験片が荷重を受け、バーチャルなゲージマークが移動し変形し始めると、システムはゲージマークを常に最新の状態に更新していきます。laserXtensは連続した試験片画像から歪みを測定します。

laserXtensのアドバンテージ

  • laserXtensシステムはミクロからマクロまで高精度を維持します
  • 試験片へのマーキングの手間を省きます
  • laserXtensは試験片からの距離を様々にセットアップ可能ですこの機能が最も生かされるのが 温度槽
  • 接触型やビデオタイプの伸び計と違う点は、laserXtensシステムは短い試験片(標点間距離1.5mmから)の歪みを高精度で計測できることです。
  • laserXtensは testXpert IIと組み合わせて使用します。laserXtensからのライブ画像とtestXpertの表示内容を同時進行でご覧になりたい場合は別途22インチモニターを使用してください。


ご記入事項